第44回東京モーターショー2015の警備業務にて 音声認識・音声対話専用ウェアラブルデバイスを使ったトライアル運用を開始

音声認識を活用し、ハンズフリーで警備状況の報告・蓄積・活用を実現

 株式会社JSS(本社:東京台東区、代表取締役: 倭文 浩樹  以下、JSS)、スタンダード電気株式会社(本社:東京千代田区、代表取締役社長 : 高野 敏道 以下、スタンダード電気)、株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、2015年10月30日から11月8日に東京ビッグサイトにて開催される「第44回東京モーターショー2015」の警備にて、音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルデバイスAmiVoice Front WT01と現場の「気づき」を活用できるソリューションAmiVoice iVoX KIZUKIのテスト運用を行います。

 総合警備会社のJSSは、2001年より東京モーターショーのイベント警備を担当してまいりました。今回、警備現場の対応スピードと品質向上を目的に、東京モーターショー2015のイベント警備にて、アドバンスト・メディア開発の音声認識・音声対話専用ウェアラブルデバイス「AmiVoice Front WT01」と、現場での「気づき」を活用できるソリューション「AmiVoice iVoX KIZUKI」のテスト運用を行います。
 これまでのイベント警備ではインカムを使用し、本部で各現場の各会場や駐車場、迷子報告などの情報収集を行っていました。インカムは、全員への情報共有や指示連絡が行えるというメリットがある一方、情報を蓄積する事ができないため、聞き漏らしを引き起こす可能性があります。
 今回、テスト運用を行う「AmiVoice iVoX KIZUKI」は、現場での気づきや情報を声で記録し、報告・蓄積・分析する事ができるソリューションです。音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルデバイス「AmiVoice Front WT01」と連携して使用することで、屋内外の雑音環境下でも、ハンズフリーにて、音声認識に適した高品質な音声を記録する事ができます。クラウドアプリを通じて記録された音声は、リアルタイムで文字化され、ブラウザ上で、閲覧・検索を行う事ができます。いつ・どこで・誰が・どんな報告があったのかを一目で確認することができるため、聞き漏らしがありません。各現場の報告をテキスト管理することで、より的確で素早い指示や、今後のイベント警備に向けた情報活用が期待されます。

WT

■音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルデバイス「AmiVoice Front WT01」
http://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-front-wt01-2

■現場の「気づき」を活用できるソリューションAmiVoice iVoX KIZUKI
http://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-ivox-kizuki-2

JSS、スタンダード電気、アドバンスト・メディアの3社は、今回のトライアル運用の結果を元に、ソリューションの機能強化やサービス改善を図り、今後、警備業界に向けた事業展開の実現を目指して協力していきます。

ニュースPDFはこちら

 

新任警備員教育DVD

警新任警備員教育DVD

新人を効率よくプロフェッショナルな警備員に育成するためのDVD。警備会社向け。割引キャンペーン実施中!

JSSの制服

JSSの制服例はこちら

JSSの制服はお客様ごとにカスタマイズ出来ます。

ご相談・お見積り

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

0120-277-179

メールでのお問い合わせはこちら